« 9月11日 -新居への入居- | トップページ | 9月13日 -買い物- »

9月12日 -メイド-

新居での目覚めです。
部屋の中が蒸し暑く、かつベッドが硬かったので、あまり熟睡はできませんでしたが、体調はかなり良くなっています。もうほとんど頭痛もありません。

部屋の中に何もないため、昨晩は夕飯を食べられず(夕飯を買ってくるのを忘れていました…)お腹が空いたのですが、今朝も同じく何にもないので、とりあえず昨日買った残りのミネラルウォーターを飲みます。

午前中、インターネット接続のために不動産業者のオフィスに向かいました。
昨日、「この道を10分ほど歩けば着く」と言われた道を歩き始めます。

……

30分経っても着きません。
インド人はものごとを全てunderestimateするということを忘れていました。
彼らが「5分歩けば」と言ったら、それは20分。
彼らが「あと10分でそっちに着くよ」と言ったら、あと30分ということを、これまで何度も経験して、その度に怒りまくっていたはずなのに…

で、今回も例によってアドレナリンを放出しつつ、不動産業者のオフィスに着き、一通り文句を言った後、本題に入ります。

現在、インターネット環境が極めて悪いため、自宅にブロードバンドを引いてもらうよう依頼したところ、まずは通信会社に行って相談する必要があるらしく、今から一緒に通信会社に行こうということになりました。

「ところで、メイドは必要ですか?」

立ち上がったときに尋ねられました。

…メイドを雇うかどうかという点については、事務所の人やムンバイ在住の日本人にも聞いてみたのですが、だいたい「一人で生活するなら雇ったほうが良い」という回答でした。
とはいえ、自分の家の中に他人(しかも言葉が十分に通じない)がいるというのは何となく嫌な感じがすること、これまでの人生で使用人を雇ったことがないことなどから、私の中では抵抗が大きめでした。

ちょうど良い機会なので、不動産業者にメイドについて色々尋ねたところ、

・掃除だけのメイドと料理も作るメイドがいる。ただ、メイドが作ることができる料理はインド料理だけなので、外国人は掃除だけを頼むのがよいかもしれない。

・メイドといっても専属ではなく、1日1時間程度部屋の掃除や洗濯、皿洗いをするだけ。来て、部屋のクリーンアップをして、帰っていくという感じ。

・費用は、月2500ルピー(7500円)程度

ということがわかりました。
要は、sweeperのような感じで雇えるようです。

インドの部屋の床は拭き掃除が必要でなかなかに面倒であること、洗濯を全てしてもらえるのは助かることから、結局、不動産業者の勧めどおり、メイドを雇うことにしました。
その場で不動産業者が電話をかけ、メイド候補者を呼びます。

……

やってきたのは、50代半ばと思われる女性。
英語が話せるとのことで、コミュニケーションには不安はありません。
話した感じも悪くなかったので、この人にお願いすることにしました。
2日後から来てくれるとのことです。

ちなみに、メイドは基本的に年配の女性であるということは既に情報を聞いていたので、特にがっかりはしていません、ええ。

--

その後、通信会社に行き、インターネットも約1週間後からはブロードバンドに繋げそうということがわかりました。

日本からの荷物も、あと1週間ほどで届くとのことで、1週間後にはようやくまともな暮らしが始められそうです。

|

« 9月11日 -新居への入居- | トップページ | 9月13日 -買い物- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月11日 -新居への入居- | トップページ | 9月13日 -買い物- »