« 9月16日 -象頭神祭- | トップページ | 9月18日 -Nariman Point- »

9月17日 -ブロードバンド開通、日本食-

午前中、不動産業者から電話があり、「今日午後2時にブロードバンドの業者がフラットに行くので、その時間に家にいてほしい」と言われました。

午後2時といえば、出勤時間の真最中。
夕方以降に来られないか聞いてみたのですが、難しいとのこと。
ここでリスケして、ブロードバンド開通がさらに遅れてはとても困るので(日本と違い、この国でいったんリスケすると、次にいつ話が進むのか全く読めません。)、しぶしぶ午後2時で了解することに。

事務所のHRに事情を話し、一時帰宅の許可を取った上で、昼食を食べた後いったん家に戻ります。

……

予想通り、午後2時半になっても業者は現れません。
インド人は決して時間通りには来ないということはわかっていたはずなのに…

無理に仕事を抜けてきたのに、これはあんまりです。
さすがに頭にきて不動産業者に電話すると、例によって「Five minutes come, OK?」との返事が。
お前らの頭の中の時間単位は「5分」しかないんかい。

本当に、お願いだから最初から来られる時間を言ってください。
2時半、と最初から言ってくれれば、こっちも時間を無駄にせずに済むのに。
でも、最初に「2時半」と言ったら、絶対3時過ぎに来るんだろうなあ…

3時前にようやく業者が来ました。
もはや文句を言う気力も無く、業者が機械を設置してパソコンの設定をするのを黙々と見守ります。

少し手間がかかったものの、どうにかブロードバンドに繋がりました。
これで、ようやくまともに通信が開始できます。
通信の遅さゆえにブログのページの更新が途中でキャンセルされ、最初から書き直すこともなくなって嬉しい限りです。

業者が帰るのと入れ替わりに、メイドが入ってきました。
なぜか中学生くらいの娘を連れています。
聞くと、いつも2人で作業しているとのこと。
学校に行っていないのかとも思いましたが、娘の方が英語がうまく、スムーズにコミュニケーションできます。頭の回転も早く、こちらの指示を的確に理解してくれます。たぶん、学校が終わった後に、親を手伝っているのでしょう。
そのままメイドを部屋の中に残し、オフィスに戻ります。

午後7時ころまで仕事をした後、オフィスを出てタージ・マハルホテルに向かいます。
目的は、日本食レストランで食事をすること。

最近、胃の調子が悪いこともあり、Masalaに対する拒否反応がかなり強くなっってきており、空腹でもスパイス料理は食べられないという状態に陥っています。
たぶん1か月ほどカレー断ちをしたら、また食べられるようになると思うのですが、とりあえずこの国ではそれは難しい。
そこで、次善の解決策として、「日本食を腹一杯食べることにより、まずは心と体の健康を取り戻す」ということにしたわけです。

…と御託を並べてみましたが、要は日本食がどうしても食べたくなっただけです。

タージ・マハルホテル内には、和の鉄人、森本正治がプロデュースした日本料理店「WASABI」が入っています。
1階はバーで、螺旋階段を上った2階がレストランになっています。

http://www.tajhotels.com/FoodandWine/The%20Taj%20Mahal%20Palace%20&%20Tower,MUMBAI/WASABI%20BY%20MORIMOTO/default.htm

店に入ると、懐かしい醤油の香が。それだけで感動です。
周囲はインド人と欧米人ばかりで日本人は1人もいません。
席はほぼ満席であり、インドでも日本料理はそれなりに人気があるようです。

ベタですが、寿司の盛り合わせとうどんと日本酒を注文します。
寿司ネタは、毎日築地から空輸しているという頼もしい体制。
さすが、出てきたネタは、日本の一流店には及びませんが、十分に美味しいものばかりでした。

寿司を醤油につけて食べ、日本酒を合間に飲む。
締めにうどんをすする。
至福の時間でした。

会計は寿司とうどんと日本酒一合で4000ルピー(約12000円)。
高くはありません、この幸福感に比べれば。

|

« 9月16日 -象頭神祭- | トップページ | 9月18日 -Nariman Point- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

た…高ぇ…。
しかし、一時の幸福感&心身の健康を考えたら、そうは言ってられませんね。
しかし、物価の安い国に行っているはずなのに(うちの兄が学生時代にインド旅行に行った際は、一泊60円ぐらいの宿に泊まっていたそうです)、むしろ貧乏になって帰って来そうですねぇ…。

>フジ様
1食1人分で4000ルピーというのはインドの一般的な生活水準からするとありえない金額です。
下手したら1か月分の生活費です。
しかし背に腹は変えられません。
このどうにもならない食事のストレスが、1万円ちょっとで少しでも解消できるなら悪くはないと思います。

投稿: フジ | 2007年9月19日 (水) 18時48分

若いメイドさんが来てよかったですね^^
青いギンガムチェック(白地に格子柄)のワンピースと白いエプロン&頭にフリフリのヘッドドレスをつけているとなお良いです。

>motty様
……ノーコメントです。
だいたい、メイドは私のいない間に部屋にやってきて、掃除して、いない間に帰っていくので、普通に仕事している限り会うことはないんですよ。土日祝日はお休みだし。
今後も多分2、3回くらいしか顔を合わせないような気がします。

投稿: motty | 2007年9月19日 (水) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月16日 -象頭神祭- | トップページ | 9月18日 -Nariman Point- »