« インド外資規制解説その10 -外国機関投資家(Foreign Institutional Investor(FII))による投資規制③- | トップページ | 9月30日 -テニス/食事考- »

9月29日 -土曜出勤/新人研修②-

土曜日ですが、今日は出勤日です。

一応事務所のルールとしては、第1土曜日と第5土曜日(もしあれば)が出勤日となるとのことですが、これがものすごく柔軟に運用されているルールで、出勤日の入れ替えはしょっちゅうです。
基本的に、どこかに祝日が入った週の土曜日が出勤日となるよう調整されているとのことですが、そこまでして土曜日を出勤日にしなくても…と思うのは週休2日に慣れきったかつての働き蜂日本人の堕落でしょうか

思えば、私が中学生のころまでは、日本も週休1日制でした。
土曜日は「お昼までの日」であって、決して休みではなかったあの頃。
「土曜日に学校に行かなければならないこと」を苦痛に思ったことなどありませんでした。上手く表現できないのですが、どの国にも、「国全体としてがむしゃらに働く時期」というのがあり、インドはまさに今これからそういう時期に入るのでしょう。

さて、午前中は、新人研修の続きで、Contract Drafting のレクチャーに出ていました。
英語の契約書の必須条項や言い回しを解説する講義で、なかなか興味深かったのですが、例によって長い(このときは約4時間)。

ちなみに、この手のレクチャーは常にパワーポイントで行われるのですが、だいたいどのレクチャーでもページ数が60枚から70枚を越えている(多ければ80枚以上)というあたり、インド人の「長いことは良いこと。盛り沢山なのは良いこと」というテーゼに対する強い執念を感じます(いやまあ、悪くはないんですけどね…)。

さて、午後からのレクチャーは、Due Diligence Practice。
さすがにこれは欠席することにしました。
Due DiligenceのPracticeはもう十分命を削ってやらせてもらいました。
ちなみに、Emmaも当然のように欠席していました。

席に戻って仕事をしていると、なにやら歓声が。
オフィスの隅にあるテレビを見ると、クリケットの試合が中継されています。
インド人は、皆クリケットが大好きです。
普段は冷静なAmarchandの弁護士でさえ、クリケットの試合が始まると、そわそわしながらテレビを何回も覗き見ます。
インドではクリケットが頭5つ分くらい抜けた人気スポーツらしいです(というか、他にはメジャースポーツはありません。)。

そういえば、5日ほど前にもクリケットの試合が放送されており、そのときは何かの大会の決勝であったとか、相手がパキスタンであったとかで、街中が激しく盛り上がっていました。電気屋のテレビの前にインド人が大量に集まって歓声と怒声を上げているのを見て、テレビで見た日本の昭和30年代の光景を思い出しました。

しばらくテレビを見ていましたが、何が起こっているのかさっぱりわかりません。
日本にいたときもテレビでクリケットの試合を目にする機会はあったのですが、とにかくルールがわからない。
何がどうなったら勝ちなのかが全く見えません。
隣の弁護士が親切に一生懸命ルールを説明してくれたのですが、説明を聞いてもやっぱりわかりませんでした

P9220018帰り道、所用があってちょっと大きめのショッピングモールに寄ったのですが、その屋上階に、なんとバッティングセンターらしきものがありました。

が、なにやら様子が違う。

P9220020打者が持っているのは、皆様の予想どおりクリケット板です。

なんだかものすごく感心して、しばらく打つ様子を見ていました。
所変われば、ですねえ。

|

« インド外資規制解説その10 -外国機関投資家(Foreign Institutional Investor(FII))による投資規制③- | トップページ | 9月30日 -テニス/食事考- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インド外資規制解説その10 -外国機関投資家(Foreign Institutional Investor(FII))による投資規制③- | トップページ | 9月30日 -テニス/食事考- »