« インド外資規制解説その13-3 -速報 FIIによる参加証券(Participatory Notes)の発行規制- | トップページ | 2ヶ月経過 »

水道水

週末、テニスをしていたときに、ムンバイの水道水が話題になりました。

「ムンバイの水は硬水なので、シャワーを浴びた後、髪や肌が荒れて困る」、「水質は日本に比べてものすごく悪いので、湯冷ましでも飲まないほうが良い」などと話していたところ、「そういえば水源はどこなんだろう」という話題になりました。

各自適当な予想を話していると、横からムンバイ暦3年のベテランの方がぼそりと答えてくれました。

「ムンバイの水道水は、確か近くの湖から取っていると聞いた」
「浄水場は経由していない。そのため、バスタブにお湯をはると、ほんのり緑色になる」
「水自体が少しぬるぬるしているので、石鹸の泡が取れにくいはず」
「大きなホテルは自前の浄水設備で水を浄化しているが、一般家庭に来ている水は基本的に湖の水そのまま」

その情報、全部聞きたくなかったです orz

上記が事実かどうかは確認していません。
というか、ものすごく嘘であってほしいです。

が、うちにはバスタブがないので、お湯をためて色を見ることはできないものの、「水があまりさらさらではない」という感覚は少しあったのは事実。

知ったからといって、今後茶碗を洗わないわけにはいかないし、顔を洗わないわけにもいかないし、シャワーを浴びないわけにもいきません。
知らない方が幸せだったことは間違いないでしょう。

他にもきっと、この国には、こういう知らぬが仏がたくさんあるんでしょうね。

ちなみに、下水は浄化も何もせず、そのまま全て海に排出しているそうです。
やっぱり海では泳げないなあと強く思いました。

|

« インド外資規制解説その13-3 -速報 FIIによる参加証券(Participatory Notes)の発行規制- | トップページ | 2ヶ月経過 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日々13億人の糞尿がガンジス川だかウルハース川だかを通ってインド洋に注ぎ込まれている訳ですね…。
湖に排出されている訳ではないことを祈るばかりですね…。

>腐痔様

まあそうなんだけど、あまり具体的に言われると…

この国の実情からして、たぶん湖にも多少は流れているんでしょうね。
それを知ったからといって、どうしようもないのですが。

投稿: 腐痔 | 2007年10月29日 (月) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インド外資規制解説その13-3 -速報 FIIによる参加証券(Participatory Notes)の発行規制- | トップページ | 2ヶ月経過 »