« 猛暑 | トップページ | インド会社法解説その5 -定款記載事項- »

故障

日本から持ってきたDVDプレーヤーが壊れました。
正確に言えば壊しました。

このプレーヤー、実は到着当初から調子が悪く、音声が突然消えてしまうという症状が出ていたのですが(おそらく、輸送過程で衝撃を受けたためではないかと思われます。)、少し前に完全に音が出なくなってしまいました。
それまではいったん再生を停止したり電源を切ったりすると音が復活していたのですが、今回はいろいろ操作してもまったく反応がありません。

2、3日放っておいたら直るかと淡い期待をかけてみましたが、勿論そんなに甘くはありません。どうやら、音声の装置が本格的に故障してしまったようです。

さて困った。
このプレーヤーは日本で買ったものなので、インドで修理が可能かどうか。
そもそも、メーカーがインドに拠点を持っているのかもわかりませんし、インドでの連絡先もわかりません。
また、仮に修理が物理的に可能であるとして、このプレーヤーはだいたい4年前に買ったのですが、経験上それくらい前の商品になってしまうと修理するよりも新品を買ったほうが安いというくらい修理代が高くつくことが多いです。

いろいろ考えた挙句、思い余って自力で修理を試みることに(←これが間違っていました。)

ドライバーを使ってネジを外し、DVDプレーヤーのカバーを開けます。

機械の内部を一目見た瞬間、「無理だ」と思いました。

ICチップが大量に載った基盤が並んでおり、明らかに文系の人間には太刀打ちできなさそうなオーラが出ています。
基盤はそれぞれネジで固定されており、どこをどういじったらどうなるのかが全くわかりません。コードも複雑に絡んでおり、見た感じどうしようもありません。

それでも、このまま何もせずカバーを戻しては事態が改善しないので、ドライバーで音源の接続部分をつついたり、コードをいったん外して再接続したりしてみました。
故障部分を理解して行っている行為ではないので、無駄な抵抗です。

結局、修理として有効と思われることは何ひとつできず、そのままカバーを閉めました。

とはいえ、一応機械の内部に刺激は与えたため、もしかしたら、という淡い期待を込めて電源に接続します。

金槌で金属板をたたいているような音が部屋中に響き渡りました。
メインスイッチも入れておらず、しかもあまりにも変な音なので、最初はそれがスピーカーから出ている音だとは気がつかなかったほどです。
10秒ほどその音が続いた後、突然静かになりました。

その後は、どのボタンを押しても、電源から外しても再接続しても全く反応がありません。
どうも中途半端に中身をいじった結果、完全に壊れてしまったようです。
あの音は断末魔の叫びだったようです

--

教訓:精密機械を自力でいじろうとしてはいけない。

--

自業自得とはいえ、DVDが見られなくなってしまったのはとても痛いです。
お笑いビデオが見られなくなってしまった今、心の健康をどうやって維持するか真剣に悩み中です。

Pb050110残骸の写真です。
再分解して修理を試みたのですが、当然無理でした

|

« 猛暑 | トップページ | インド会社法解説その5 -定款記載事項- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

新しいの買うしかないんですかね。
そうしないと、日本語忘れちゃったりして…(或いは、インド訛り的なとても硬い発音になってしまったり…)

でも、現地製のものはいい加減そうだし、日本等外国製のものは超高そうですね…。

>フジ様

インドのプレーヤーは、おそらくリージョンコードが違うので、日本のDVDは再生できないと思います。
リージョンフリーのものがあるかどうか探してみて(説明書が読めるかどうか不安ですが)、なければ日本から調達するしかないですね。

ちなみに、外国製電化製品には全般的にすごい関税がかかりますので、インドで無理やり日本製のものを調達しても日本より高くつくと思います。

投稿: フジ | 2007年11月 6日 (火) 19時19分

>日本製のものを調達しても日本より高くつく

なんか、貧乏になって帰ってきそうですね…。
「折角頑張って英語勉強して推薦状も貰ったのに、費用が出せなくなって留学行けなくなった」なんてことのありませんように…。

>フジ様

日用品は安いんですが、外国製品がものすごく高いので、結果としては生活コストは高くなってしまっています。
あと、本館の話はこちらでは出さないでもらえればと。

投稿: フジ | 2007年11月 7日 (水) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛暑 | トップページ | インド会社法解説その5 -定款記載事項- »