« インド会社法解説その7 -会社の機関 株主総会②- | トップページ | アウランガバード旅行記 -エローラ編- »

ぶらり石窟寺院

明日から土日でアジャンタ石窟寺院とエローラ石窟寺院を観光してきます。
両石窟寺院は、ムンバイから飛行機で45分のAurangabad(アウランガバード)にあり、ムンバイからも簡単にアクセスできます。
週末だけを使って世界史で習った史跡に行けるというのは素晴らしいなあと。

アジャンタの壁画は前々からものすごく見たかったので、とても楽しみです。
エローラ石窟寺院は、石だけで彫りぬかれた寺院だそうで、以前行ったアンコール・ワットと比べてどう違うかに興味がそそられます。

インドに来て初の観光旅行ですが、他にもインドを去るまでに行っておきたいところは結構あります。

・Agra(アグラ)
いわずと知れたタージ・マハル。
月夜のタージ・マハルはこの世のものとは思えないくらい美しいそうです。

・Banaras / Varanasi(バナラス/ヴァラーナスィ)
ガンジス川の河畔の町。ベナレスという名前で有名ですね。
さすがにバタフライはできませんが、やはりインドに来てガンジス川は外せません。
(どうでもいいですが、英語とヒンディー語では、「ナ」と「ラ」がひっくり返っています。きっとイギリス人が聞き間違えたのでしょう。よって、「バナラス」も「バラナシ(ヴァラナシ)」も、どっちも正解です。)

・Buddha Gaya(ブッダ・ガヤ)
仏陀が菩提樹下で悟りを開いた場所。
バナラスから電車で4時間くらいだそうなので、バナラスのついでに煩悩を削ぎ落としてこようかと。

・Darjiling(ダージリン)
ヒマラヤ山脈をバックに紅茶を一杯。
避暑地としてインド国内でも人気があります。

・Goa(ゴア)
ビーチリゾートとして有名です。
泳いだ後のアーユルヴェーダはとても気持ちいいそうです。

・Chennai(チェンナイ)
旧マドラスですね。
チェンナイだけでなく、インドが生んだ無限の天才、Srinivasa Ramanujanが生まれ育ったタミルナドゥ州の街クンバコナムはぜひ見ておきたいです。

--

さて、いくつ行けるかな。

|

« インド会社法解説その7 -会社の機関 株主総会②- | トップページ | アウランガバード旅行記 -エローラ編- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インド会社法解説その7 -会社の機関 株主総会②- | トップページ | アウランガバード旅行記 -エローラ編- »