« インド会社法解説その13 -会社の機関 監査役、監査委員会①- | トップページ | 告知 »

年末年始

インドには、本来クリスマスや年末年始に休む習慣はないのですが(インド人が休むのは、インドの正月であるDiwaliです)、今の事務所は欧米のクライアントを多く持つ、いわゆる渉外法律事務所であることもあり、ほとんどの弁護士が年末から年始にかけて2週間程度のクリスマス休暇を取ります。

この期間、インドの暦に従って一応事務所は開いているのですが、事実上事務所の機能は停止しています(まあ、クライアント側も休んでいるのであまり問題はないのですが)。

ということで、私も年末年始に休暇を取り、今一番行きたい国に行くことにしました。

清潔で美しい街並み
店頭に溢れる最先端のモノ
ミシュランで最高数の星を獲得した美食の都
痒いところに手が届くきめ細かなサービス
時間に正確で正直な人々

世界の桃源郷、胸焦がるる「あの国」へ。

年明け5日まで滞在し、仕事始めは1月7日からの予定です。

--

PCは持って行きますので、気が向いたらブログを更新するかもしれませんが、おそらく「あの国」の魅力に夢中になってそれどころではないと思います…

--

荷造りしていたら、「冬服を1枚も持っていない」ということに気がつきました。

さて、どうしよう…

|

« インド会社法解説その13 -会社の機関 監査役、監査委員会①- | トップページ | 告知 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は年末に直行便を利用して中国の杭州でのんびりと5泊してきました。街中や西湖周辺をずいぶん歩き回り、車にも乗りましたが、驚きの連続でした。なんと街中の公衆トイレですら清潔だし、少なくとも車が通る街路には電柱が見当たらず、プラタナスの街路樹が大きな枝を広げています。走っている車は新しく、道路や公園にはゴミが落ちていません。そんじょそこらの日本の都市よりははるかに美しい都市景観がそこにあります。10年前の中国からは、このような変貌は想像もできませんでした。10年後のインドにも同じような驚きがあるのでしょうか。

>TN 先生

日本ではありがとうございました。
楽しい休暇を過ごされたようで何よりです。

中国はもうそこまで行っているんですね。
今のムンバイを見る限り、ムンバイが杭州のような状態になるのには少なくともあと20年はかかるような気がします(デリーは10年くらいあれば杭州のようになりそうな感じがしますが)。でも、今は世の中の動きが早いので、10年あれば驚くくらい変わってしまうのかもしれませんね。

投稿: TN | 2008年1月 1日 (火) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インド会社法解説その13 -会社の機関 監査役、監査委員会①- | トップページ | 告知 »