« 10000Hit | トップページ | Sania Mirza »

贈り物

日本から遊びに来てくれた友人が、新しいDVDプレーヤーとホームシアターセットを持ってきてくれました。
こんなに重たいものを、わざわざ日本から持ってきてくれたことに本当に感謝です。

DVDが壊れて(というか壊して)以来、持ってきた映画やお笑いが全く見られなくなっていたので、何よりのクリスマスプレゼントです。
↓壊れた経緯
http://lawyerinindia.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_4af5.html

とりあえず試運転ということで、「Head in the Clouds」(「トリコロールに燃えて」という内容とはほぼ無関係な意味不明な邦題がついています。)を鑑賞。
Charlize Theronはやっぱりいいなあ。

ちゃんと動くことを確認した後、おもむろにラーメンズの「CLASSIC」に入り、久しぶりのお笑いを堪能。心の栄養を補給しました。

日本の事務所から、インド映画のDVD(と書籍)をたくさん送っていただいたので、明日から少しずつ見ていこうと思います。
インド映画は初めてなので、まずは取っ付きやすそうな「Monsoon Wedding」あたりにチャレンジしてみようかと。

|

« 10000Hit | トップページ | Sania Mirza »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

インドに居る人に対し、インド映画のDVDを贈るというのはどうなんでしょう・・・。
「Monsoon Wedding」は、実は観たことがないのですが名作と言われますよね。
またおじゃまします。

>まさこの様

「よりインドを深く知ることができるように」とのご配慮だそうです…
いわゆる ボリウッドのインド映画だけでなく、インドを題材にしたフランス映画などもあります。

「The River」、「Nocturne Indien」、「Bombay」と各種取り揃えてお待ちしております。

投稿: まさこの | 2007年12月 6日 (木) 14時42分

日本から送られるインド映画のDVDのミソは、日本語の字幕がついているところでしょう。ところで、インドで上映されるインド映画には、何か字幕がついているのですか?ルピー紙幣のように10以上の言語の字幕があるとか?ヒンディー語とタミール語の吹き替えもあるとか?そう考えると、日本でも標準語の映画を関西弁や東北弁に吹き替えたら、けっこうおもろいのとちゃうんかな。

>TN先生

まだインドで映画を見たことがないのでわかりませんが、見に行った人の話によると、基本的にヒンディー語の映画に字幕はないそうです。
英語の映画だとヒンディーの字幕がつくこともあるとか。

映画の吹き替えは基本的にヒンディー語で統一されているようで、マラータ語やタミル語などのローカル言語に吹きかえられることは通常ないとのことでした。

確かに、日本からのDVDには日本語の字幕がつくのがありがたいです。
合間を見て、少しずつDVDを見始めています。

投稿: TN | 2007年12月13日 (木) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10000Hit | トップページ | Sania Mirza »