« Mumbai Marathon 2008 | トップページ | インド初ゴルフ »

シャワータイム・ブルース2

1月末になり、最近のムンバイは夜ともなるとそれなりに冷えるようになりました。
といっても、気温的にはせいぜい17、8度程度なのですが、半袖短パンというのが基本スタイルのため、朝や夜中はかなり肌寒く感じます。

気温が下がること自体は悪くなく、昼間はそよ風がとても気持ちいいのですが、以前書いたシャワーの問題が深刻化してきました。

冷え込みが強くなるに伴い、お湯が出る時間は更に減って、今ではまともにお湯が出るのは1分を切っています
さらに、気温の低下にともなって「給湯管を1回通っただけの水」の温度もさらに下がり、外気の低さとあいまって、とても浴びていられるような状況ではありません。

P1270076ちなみに、うちのGIZA(インドでは給湯器をこう呼ぶ)の大きさはこのくらいです。
インドで生活されたことがある方ならはっきりと、そうでない方でも何となくわかると思いますが、かなり小さいです。                            

                       

--

さすがに実生活に支障をきたすようになってきたため、色々試行錯誤してみることに。

・試行錯誤1:GIZAがお湯を沸かす時間を長めに取る
日本でお風呂やシャワーに入る前にガス(オール電化の場合、電気)のスイッチをつけるように、今の家ではGIZAにお湯を沸かすときにスイッチ(原始的なボタンですが)を入れます。
そのスイッチを早めに押しておいて、お湯を沸かす時間を長くしてみれば、何かが変わるかも…

→結果:1時間前に沸かしたときと、5分前に沸かしたときとでは、お湯の出る長さはほとんど変わりませんでした。
「GIZAの容量が小さく、たくさんのお湯をためておけない」というのが根本的問題なので、当たり前と言えば当たり前の結果。いったん沸いてしまったお湯を余計に1時間沸かし続けたところで、ためておけるお湯の量そのものには変化はないので、解決になっていません。

・試行錯誤2:シャワーの時間を短縮化
逆転の発想。お湯の出る時間が変わらないなら、お湯が出ている時間に急いでシャワーを浴びてしまえばよいのです。

→結果:無理無理無理
具体的な描写は差し控えますが、1分弱で全身をきちんと洗うのは不可能です。3分のときでも最後は我慢してぬるま湯を浴びていたのに…
嘘だと思ったら、自分で時間を計って浴びてみてください。

・試行錯誤その3:我慢
心頭滅却すれば火もまた涼し。
修験者は、真冬に滝に入って心身を鍛えています。
その心構えをもってシャワーを浴びれば、多少冷たいことなど問題ではないはず。

→結果:すみません、我慢できませんでした。

--

とまあ、ここ1週間ほど色々試してみたのですが、どれも問題の解決にはつながりませんでした(くだらない、と思われるかもしれませんが、本人は本人なりに必死だったのです…)。

が、今日、ついに一筋の光が。

テニスから帰ってきてシャワーを浴びるときに、ふと思いついて蛇口を調節してお湯の量を減らしてみました。
今まで出していた量の半分くらいにしてみたところ、しばらくするとまともなお湯が!

給湯管を通る水自体の量を減らすことにより、「給湯管を1回通っただけの水」の温度を上げるという理屈です。思いついてみれば当たり前なのですが、完全に発想の外側でした。
日本のガス給湯器だと、蛇口を十分に開けないとかえってお湯が出ないという現象が起こることが多いため、その経験則にとらわれてしまっていたようです。

もともと蛇口を全開にしても少なかったお湯の量。
それをさらに半分にしたことから、見た目はもはやシャワーではなく打たせ湯のようになっています。

とはいえ、ちゃんとお湯が出る方法を発見したのは大きい。
確かに量は少ないですが、時間さえかければきちんと全身洗えるのでそんなに問題ありません。
少なくとも、我慢行水大会になっていた以前よりは、遥かに楽になりました。

今のところ、自分の中では今年一番のヒットです。
創意工夫って大事だなあと。

|

« Mumbai Marathon 2008 | トップページ | インド初ゴルフ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これは、いい発見ですね。お湯の絶対量は減っても、ある程度の温度をキープしていて長時間浴び続けられれば、男性だったら問題ないでしょうね。
我が家もお湯が5分程度しかもたないので、やってみようかな??

>まさこの 様

まさにそうで、水を浴びるよりは少なくてもお湯を浴びる方が百倍ましです。
貴宅でも5分ですか…
つくづく、hot showerはインドでは特別な設備だということを痛感します。

投稿: まさこの | 2008年1月28日 (月) 15時14分

よかったねぇ。。。涙ぐましい。私なら耐えられなさそうだけど。昔阪神大震災の時に、簡易シャワーが売ってたのを思い出したんだけど。。。代わりにこんなの見つけたよ。お湯を入れてこれをいっぱい用意するとか↓ http://www.mpack.co.jp/hijyou/shower.html

>Ayasetti 様

おお、久しぶり。コメントありがとう。新しい仕事は順調?
いやしかし、まさかこの年になってこういう形の苦労をするとは思ってなかったわ。まさか「hot showerが高級設備」の国に来るなんて思ってなかったし。

簡易シャワーっていうか、これ、単なるペットボトルのキャップをシャワー口にしただけでは…
毎日シャワーを浴びる度にお湯を入れたペットボトルを何個も準備するのはかえって大変そうなので、残念ながら却下(笑) 
とりあえず、今日も弱々しい打たせ湯で頑張ります。

投稿: Ayasetti | 2008年1月30日 (水) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Mumbai Marathon 2008 | トップページ | インド初ゴルフ »