« インド会社法解説その14 -会社の機関 監査役、監査委員会②- | トップページ | インド会社法解説その15 -会社秘書役- »

ムンバイ日本人会新年会

1月12日(土)に、ムンバイ日本人会の新年会に参加してきました。
新年会は、ムンバイ日本人会では最大のイベントの1つで、多くの在ムンバイ日本企業が参加します。

午前中テニスで汗を流した後、駐在員仲間の家にお邪魔してしばらくゆっくりした後、夕方から一緒に出かけました。
開場は午後6時、開始は午後6時半からだったのですが、ついいつもの感覚で6時半ギリギリに到着するように出発したところ、到着時点で既にほとんどの出席者が到着しており、会場はほぼ満員でした。
さすが日本人

P1120033会場は、Nariman PointにあるHiltonの最上階のパーティールーム。ホテルの入口には、ちゃんとMumbai Japanese Associationの2008年新年会と書かれています。                                               

会場入口で席のくじを引き、席の券の半券を箱の中に入れます。
この半券は、後で福引に使われるそうです。
なんだか結婚式の二次会みたいです。

本日の出席者は120人だとか。
2008年1月現在の在ムンバイの日本人数は300人弱と言われているため、今現在ムンバイにいる日本人の4割以上の人が出席していることになります。

--

ほぼ定刻どおり始まりました。
総領事のご挨拶の後、日本人会会長の音頭で乾杯。
ああ、日本人の新年会であることだなあ。

P1120038乾杯後、しばらく歓談。
←会場の様子                                              

                  

出席者中、顔を知っている人は30人くらいで、後は見たことのない人ばかりでしたが、この機会に色々とご紹介をいただき、多くの人と新しく知り合うことができました。
ムンバイはさすが金融都市だけあって、金融系の日本企業の駐在員が多いようです。

食事はビュッフェ形式だったのですが、残念ながら日本食はほとんど出ませんでした。
唯一天ぷらそばらしき食べ物があったのですが、麺も出汁もなんだかちょっと違う味で、あまり美味しくありませんでした。
とはいえ、インド料理はさすがに素晴らしく、年末年始の貯金でまだマサラ疲れが本格化していなかったこともあり、美味しくいただきました。

P1120043しばらくいると、余興のダンスが始まりました。
ムンバイでインドのダンスを学んでいる日本人の方が、インド人ダンサー2人とともに踊り始めました。                              

P1120046こういった場所でインドのダンスを見たのは初めてだったのですが、手足につけている鈴の音のリズムが心地よく、とても楽しめました。写真ではあまり伝わらないかもしれませんが、首の動かし方がいい感じです。

ダンスの後は、いよいよメインイベントの福引です。
この福引、日本人会に参加している日本企業からの賞品提供により、かなり豪華な賞品がそろっています。
賞品の点数も多く、当たらないのは120人中10人だけという高確率。変に運が良いと、かえってその10人を引きかねないという恐ろしさがあります。

周囲で歓声が上がる中、20位まで自分の席番号が読み上げられず、なんとなく嫌な予感がしはじめてきたところで、席番号を呼ばれました。

P1130050_2当たったのは、19位の賞品。
タイの有名なメーカーのネクタイだそうです。シルク製で、手触りがとても良いです。19は好きな番号ということもあり、なかなか縁起の良いスタートです。

上位賞品は、高級ホテルでの食事券5000ルピー(約15000円分)や最新の高機能デジカメ、日本への直行航空券ビジネスクラスの半額割引券(これが一番欲しかった…)など、どれも欲しいと思わせる賞品が揃っています。
特賞はなんと宝飾会社提供のダイヤモンドのネックレスでした。すごいなあ。

賞品のよさもあってか、福引は大盛況のまま幕を閉じました。
ちなみに、出席企業の好意による賞品の追加により、最終的に福引が当たらなかったのは2人だけでした。ある意味すごい運です。

--

会場で飲んだ日本酒に酔っ払い、すっかりいい気持ちになって家に帰ったのでした。

|

« インド会社法解説その14 -会社の機関 監査役、監査委員会②- | トップページ | インド会社法解説その15 -会社秘書役- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんだか楽しそうで面白くありません。

>腐痔 様

そのHN復活なのね…
次回はひどい目にあった系の話なのでご安心を。
ま、たまにはこういうのもないと。

投稿: 腐痔 | 2008年1月15日 (火) 10時47分

先日はお疲れ様でした。相当酔酔っ払った貴職、かなり面白かったです(笑)。
その翌日、よくテニスに行ったものだ・・・。

>まさこの 様

ご迷惑をおかけしました(笑)
いい感じで記憶がとび気味なのですが、とりあえず楽しかったということだけは覚えています。
テニスでの動きは悪かったですが。

投稿: まさこの | 2008年1月15日 (火) 13時41分

はやくたくさんひどいめにあってください。

しんねんから、ひゃくにじゅうにんちゅう、じゅうきゅういをひきあてたことで、いちねんぶんのうんをつかいはたしたとおもえるぐらいに。
いっしょうぶんのうんをつかいはたしていてもよいです。

>腐痔 様

だからまいにちひどいめにはあってるんですって。
いちいちかいてもわんぱたーんになるだけで、つまらないからかいてないだけで。

ねくたいいっぽんでいちねんぶんのうんをつかいはたすほど、うんはわるくありません…

投稿: 腐痔 | 2008年1月17日 (木) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インド会社法解説その14 -会社の機関 監査役、監査委員会②- | トップページ | インド会社法解説その15 -会社秘書役- »