« I told you I was in trouble (前編) | トップページ | インド会社法解説その18 -株式、新株予約権③- »

I told you I was in trouble (後編)

レストランを出た後、タクシーを拾うためにショッピングセンター内を表通りに向かっている途中で、「Italian Gerato」というムンバイでは結構有名なアイスクリーム屋さんの前を通りかかりました。

怒りにささくれた心と疲れた体を癒すべく、アイスクリームを買って帰ることに。

このお店は試食を自由にさせてくれるのが売りで、店員に言えば指示したものをその場で試食させてくれます。材料も吟味されているようで、味も悪くなく、ムンバイの富裕層には人気があるようです。

いくつか試した後、ヨーグルトベリー味のアイスに決め、持ち帰り用のカップにつめてもらいました。
日本でいうとハーゲンダッツの大カップくらいの大きさにアイスがつまって、340ルピー(約1000円)。決して安くはありませんが、それなりの質のアイスであれば日本でも同じくらいの値段はするので、まあこんなものでしょう。

家に帰って少しずつ食べよう、と小さな幸せを手にして店を後にしました。

--

表通りに出て1時間後

まだタクシーがつかまりません。

事務所のあるLower Parel近辺は、もともとタクシーが捕まえにくく、しかもようやく捕まえても家までが近距離であることを理由に乗車拒否されることが多いのですが、それにしても今日は異常です。
そもそも、空車のタクシーがほとんど通りかからず、運転手と交渉することさえできまん。

Lower Parelの交差点に1時間も立っていると、悪臭、騒音、砂埃、排気ガスで頭がくらくらしてきます。おまけに物乞いの包囲にあって、あちこちから施しを求めて服を引っ張られます。頼むからその異常に真っ黒な手でスーツを触らないで…
(ちなみに、Lower Parelはもともと(というか今でも)スラム街で、スラム街の中に他の空間と完全に隔離されて、綺麗で清潔なオフィスやショッピングセンターがあるという感じの場所です。)

手元のアイスクリームの状態が気になってしょうがないのですが、Lower Parelから、家のあるPeddar Roadまではとても歩ける距離ではないため、我慢してタクシーを捜し続けます。

--

さらに30分頑張りましたが、通りかかるタクシーの絶対量が少なすぎてどうにもなりません。しかもその数少ないタクシーが全て貸走中。
あまりにも様子がおかしいので、日本人駐在員仲間に電話をかけて聞いたところ、「今日はタクシー運転手のストライキの日だよ」とのこと。

ストライキですか、そうですか。

……

……

……

……

……(色々言いたいことを飲み込んでいる)

状況は理解できましたが、タクシーが通りかからないという事実には変わりありません。
とりあえず拾わなければ話にならないので、タクシーを捜し続けます。

さらに30分後、ようやく1台の空車のタクシーを見つけました。
交渉したところ、250ルピーなら行ってもいいとのこと。

足元見やがって。

通常なら50ルピーの距離ですが、レストランでのトラブルから始まって、スラムの中の交差点を2時間彷徨い続けた私には、もはや抗う気力が残っていませんでした。

「それでいいから行ってください。」

放心状態で、ひたすらタクシーが家に着くのを待つだけ。

--

20分後、ようやく家の扉を開けたときには、既に午後11時を回っていました。
アイスクリームを買ってから約2時間半。ちなみに、ドライアイスなんてしゃれたものは、この国には存在しません。

おそるおそるカップの中をのぞいたところ、乳白色の海が見えました。

割り箸を刺してみたところ、どこまでも抵抗なく潜り込んでいきます

わかっているよ、わかっている。
アイスクリーム買ってから2時間以上も路上にいたんだものね。
保冷剤もなかったしね。
そりゃこうなるよね。
しょうがないよね。

もう1人の自分に話しかけながら、台所の洗い場でカップの中身を全て捨てました。

砂埃だらけのスーツをはたき、ハンガーに吊るします。

ああ疲れた。

お風呂に入りたいと強く思いましたが、あるのは1分シャワーだけ。

全身の砂埃を落として、さっさとベッドに入って寝ました。

ちなみに、次の日の午前中は病欠しました

|

« I told you I was in trouble (前編) | トップページ | インド会社法解説その18 -株式、新株予約権③- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

タクシーのストライキだと最初から分かってれば、歩いて帰るという選択肢もあったかもしれませんが・・・。
まあ、あの地域から歩いて帰るにはものすごいスラム街を抜けなければならず、それはそれで消耗しそうですね。
インドで、「ヒッチハイク」は可能なのだろうか??

>まさこの 様

歩くも地獄、タクシーを捕まえるのも地獄ですね。
やはり自分の車と運転手がないのは苦しいです。

ヒッチハイクは難しいんじゃないでしょうか。
OKでも、荷台とかに平気に乗せられそうです。
やったことはありませんし、やりたいとも思いませんが。

投稿: まさこの | 2008年2月12日 (火) 14時26分

アイスを食べながら歩いて帰ればよかったね

>TKN 先生

最初からストライキと知っていたら、多分歩いて帰ったと思います。
砂埃ですぐに駄目になるので、アイスを食べながら、というのは難しそうですが。

投稿: TKN | 2008年2月13日 (水) 02時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« I told you I was in trouble (前編) | トップページ | インド会社法解説その18 -株式、新株予約権③- »