« インド外資規制解説その16 -外資規制緩和- | トップページ | 酒、財布、その他 »

ムンバイ日本人会運動会

先週日曜日に、ムンバイ日本人会の運動会がありました。

この運動会、もともとの主旨は日本人学校の子供たちの運動会なのですが、ムンバイ日本人学校に通う子供たちの数が少ないため、大人も参加する日本人会のイベントとなっているそうです。

さて当日。
乾季のど真ん中にもかかわらず、朝から雨でした。
最後に雨が降ったのは3ヶ月以上前という記憶なので、運動会の日に合わせてピンポイントで雨が降ったことになります。ある意味すごいです。

出発時刻には雨はほとんど止んでいたため、とりあえず会場に向かいます。

P2030002グラウンドは濡れていますが、泥でぐちゃぐちゃになっているわけではなく、十分開催可能です。むしろ、雨で埃が静まり、良いグラウンド状況になっていると言ってもいいでしょう。
トラックが多少湿っていますが、問題ないレベルです。

開会の挨拶の後、インド国歌と日本国歌の両方の斉唱がありました。
子供たちはインド国歌を一生懸命歌っていますが(おそらく日本人学校で習ったのでしょう)、大人はほとんど誰も歌えません。
というか、私はインド国歌を聞いたのはこれが初めてでした。

P2030006ちなみに、国旗も並んで掲揚されています。

                       

  

その後、ラジオ体操で準備運動。この音楽、懐かしい…

P2030007

                                  

                                          

150人近い日本人が、「例の音楽」に合わせて全員で体操している姿を、道行くインド人がもの珍しげに見ています。
「特に誰かが指示をしている様子もないのに、音楽に合わせて皆が同じ体操をしている」というのは、外国人から見たら相当不気味な光景だと思います。
おそらく、日本人の90%以上はラジオ体操を覚えているでしょうから、全員で合わせてラジオ体操を踊れば、某国のマスゲームに十分対抗(何を?)できるんじゃないでしょうか。

さて、最初の種目は短距離走。
男子中学生が1人しかいないため、これでは「競走」にならないということで、なぜか飛び入りで100メートル走に出場させられることに。
スタート前から嫌な予感はしていたのですが、案の定30メートル地点を過ぎたあたりで、左足の太腿とふくらはぎが同時につりました。
足を引きずりつつも、なんとか最後まで走りきったのですが、痛いやら情けないやら。

とまあ、スタートは散々だったのですが、その後は順調にスプーン競走、玉入れ、綱引きとこなしていきました。

P2030013玉入れ(出場)。
小学生未満、中学生以下、大人の3グループに分かれて、それぞれ30秒以内に入れる玉の数を競います。小学生が20個入れたといって喜んでいる後で、大人は80個以上の玉を入れていました。

P2030015綱引き(出場)。
完全に全力を出しているのにそれでも向こう側に引きずられていきます。しかも3番勝負。ここまで熱い大会だったとは。

P2030008よーいドン。
小学生未満の子供が、お菓子を取ってゴールに向かいます。

                                     

P2030010タンカ競争。
ボールを2つの棒で挟んでゴールに向かいます。

                               

--

午前中だけで既に4種目に出場し、けっこう疲労がたまってきています。
しかも、この運動会、どうみても大人の方が本気です。

ゴルフクラブを使った「50ヤードアプローチ競争」など、完全に子供置き去りの種目もありました(アプローチごとに歓声を上げるのは大人だけで、子供は実につまらなさそうでした)。

P203001650ヤードアプローチ競争の図。                   

         
                                          

お昼休みを挟んでムカデ競争に出場し、とりあえず出番は全て終わりました。

P2030017ムカデ競争。
コースが40メートル往復の80メートルもあり、思ったよりも大変でした。

                                    

最後は15人参加の紅白リレーで締め。

--

閉会式での結果発表は、1点差で白組の勝ちでした(ちなみに、私は赤組でした)。
10種目以上をこなして1点差というのはある意味すごいです。
まさに実力伯仲の対決でした。

それにしても楽しい運動会でした。
子供の運動会に付き合うだけ、なんてとんでもない。
大人も子供も全力での競争でした。
夢中になって玉入れしたなんて、いったいいつ以来でしょうか。
久しぶりに子供の頃の気分に戻って競技を楽しめました。

…が、子供の柔軟な身体はもはや残っていません。
予想どおり、翌日は肩痛、腰痛、筋肉痛に悩まされました。
(たぶん、9割は綱引きの後遺症です。)

|

« インド外資規制解説その16 -外資規制緩和- | トップページ | 酒、財布、その他 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

運動会、お疲れ様でした。
私も綱引きの後遺症か、二の腕が痛いです・・・。毎週テニスをやってるとはいえ、使う筋肉は別物のようです(笑)。
この運動会、どう見ても大人の方が本気ですね。それだけ、娯楽が少ないことの裏返しなのかもしれません。
ちなみに、デリーでは日本人の数が1200人と多いので出席率もあまり高くなく、ムンバイの方が盛り上がっているようです。

>まさこの 様

綱引きは危険ですね。
うっかり全力で引っ張ってしまったので、腰の調子もなんだか悪いです…

それにしても、あんなに熱い大会だとは思いませんでした。
250人だとなんとなく一体感があるので、皆参加して全力で楽しむのかもしれませんね。

投稿: まさこの | 2008年2月 5日 (火) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インド外資規制解説その16 -外資規制緩和- | トップページ | 酒、財布、その他 »