« ムンバイ日本人会運動会 | トップページ | インド会社法解説その17 -株式、新株予約権②- »

酒、財布、その他

前回書いたムンバイ日本人会運動会の夜。お誘いを受けて、「ムンバイ酒の会」のイベントに参加してきました。

会の目的は、ムンバイで日本酒の普及を目指すことだとか。
出席者は半分強がインド人、残りが日本人という感じです。

日本から明石酒類醸造株式会社の社長さんがいらしており、たくさんの日本酒をご提供されていました。
予算の関係からか、純米大吟醸がなかったのがちょいと残念。

とはいえ、ムンバイでこんなに日本酒を飲める機会は滅多にありません。
昼間の疲れもなんのその。ついぐびぐびと。

会場のレストランで提供された日本食が美味しい美味しい。
こんなに美味しい日本食を出すレストランを知らなかったとは不覚。

おまけに参加費無料ということで、とても幸せでした。

--

同じ日に財布をなくしました。

酒の会に出かけるときから財布が見当たらなかったのですが、「まあどっかにあるんじゃないか」と軽く考えて放置。
帰ってきてから、最初は適当に、30分後からは全力で探しましたが、どれだけ探しても見当たらず。

おそらく、運動会から帰ってくる途中で財布から鍵を出した際に(鍵を財布の中に入れていた)、エレベーターかどこかで落としたんじゃないかと。

失ったものリスト
・現金だいたい1万ルピーくらい
・シティバンクのキャッシュカード
・クレジットカード(Edyが1万円分くらい入っていたはず)
・長距離コール用カード(3000ルピー分くらい)

幸い、インドで使っている財布には、免許証や日本の銀行カード等は入れていなかったので、ダメージは最小限ですみました。
とはいえ、合計で5万円近いロスは痛い。

翌日、キャッシュカードとクレジットカードを停止し、再発行手続。

1日へこむ。

--

その他(最近の生活)

・なんだか忙しい
事務所に着いてから家に帰るまでがあっという間。
諸々の調べ物、書き物の数が半端ではない。インドの法律関係については、既に本を一冊出せるくらいの原稿を書いたと思う。

・朝
日本で買ったサプリメントをオレンジジュースで流し込む。
2粒以上流し込むとなぜか吐き気がするので、1粒だけ。
タクシーを捕まえるのにちょっと苦労する。
運転手と口論すると疲れるので、相手の要求額(だいたい2~3割増)を素直に払う。
1日が始まる。

・通勤タクシー内
行きは明るいので本を読む。
細かい活字の本だと酔うので、文庫本は避ける。ハードカバー本か漫画を読む。
帰りは暗いので音楽を聴く。
最近のローテーションは、iTunesで1時間半かけてダウンロードした、くるりのベストアルバム。お気に入りは「ロックンロール」。

・昼
事務所の食堂でカレー味の何かを食べる。
提供されるおかずはいつも5種類くらい。
どうせ全部カレー味なので、いつも適当に2、3種類選ぶ。
2日に1回は、激辛のおかずにあたって悶絶。

・帰宅後
まずは着替える。そしてご飯を食べる。米を味噌汁でふやかして食べる。
ご飯を食べたらDVDを見る。
映画、ドラマ。
自分で日本から持ってきたもの、駐在員仲間から借りたもの。

P2070021テレビが白黒でしか移らないので、日本から持ってきたプロジェクタで壁に映して見る。

←こんな感じ。 写っている映画が何かわかる人は通。

・見終わった後
シャワーを浴びる。震えながら浴びる。
ミネラルウォーターで歯を磨く。
パソコンで遊ぶ。

・寝る前
本を読む。
数学の勉強をする。
すぐ眠くなる。

--

(追記)

アップした後、自分で読んでみましたが、支離滅裂ですね(特に後半)。
少し疲れが溜まっているのかも。
記事全体を削除しようかとも思いましたが、まあこれはこれで自分の現状をあらわしているような気もするので、そのままにしておきます。

|

« ムンバイ日本人会運動会 | トップページ | インド会社法解説その17 -株式、新株予約権②- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご愁傷様です・・・。
「失くした」と聞いた時はすぐに見つかると思っていたのですが、まさかこんな大事になるとは。5万円のロスはかなり痛いですね。拾った人は、現金だけで月収以上を手にしたことになるのでは。。。
その食生活、相当ヤバイと思います(汗)。

>まさこの 様

私もてっきりすぐに見つかるもんだと…
見つけた人によっては、年収分くらいかもしれません。
その人が幸せになるなら、と思って諦めることにします。

最近ずっと胃腸系の調子がおかしく、食がどんどん細くなっています。また体重が減りそうです…

投稿: まさこの | 2008年2月 7日 (木) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムンバイ日本人会運動会 | トップページ | インド会社法解説その17 -株式、新株予約権②- »