« インド外資規制解説その17 -SSI品目削減- | トップページ | 日本出張総括 »

ジャガー

タタ自動車、ジャガーおよびランドローバーを買収

※リンク切れに備え、以下に全文を引用します。

米自動車大手フォード・モーターは26日、傘下の英高級車ブランド「ジャガー」「ランドローバー」について、インドの自動車最大手タタ・モーターズに23億ドル(約2300億円)で売却すると発表した。タタによる世界的ブランドの買収は、インド経済の急成長に伴って存在感を高める同国企業の勢いを強く印象付けそうだ。

--

色んな意味で衝撃です。

あのジャガーが今後はインド製になるんですね…

きっとこういったインド企業による欧米ブランド買収は、今後どんどん増えていくんでしょうね。

|

« インド外資規制解説その17 -SSI品目削減- | トップページ | 日本出張総括 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。

今度、もしかしたらインドで働くことになるかもしれない者です。

インドの所得税についてご存知でしょうか?
かなり調べても、数年前の情報くらいしか出てきません・・。2008年度の個人所得税について、知りたいのですが。例えば月に20000ルピーほどいただくとして、何パーセントとられるのでしょうか?


お手数ですが、知っていれば教えていただけると嬉しいです。 K.H

>早川 様

初めまして、コメントありがとうございます。

インドでは個人所得税率は毎年発表される予算案により決定されるのですが、最近発表された2008年度予算案によれば、2008年度の個人所得税は前年度に比べて減税傾向にあります。
(今年はインド国民議会の選挙があるため、日本でいうバラマキ型予算となっています)

インドでは、男性、女性、高齢者のそれぞれで税率が異なるため、以下では早川様が男性であると仮定して、2008年度予算案に基づく2008年度の個人所得税率を記載させていただきます。

2008年度の個人所得税の税率(男性に適用される税率)は以下のとおりです。

①年間所得150,000ルピー以下
→非課税

②年間所得150,001ルピー以上、300,000ルピー以下
→150,001ルピー以上の部分につき10%

③年間所得300,001ルピー以上、500,000ルピー以下
→300,001ルピー以上の部分につき20%+15,000ルピー(②の最大値)

④年間所得500,001ルピー以上
→500,001ルピー以上の部分につき30%+55,000ルピー(②および③の最大値)

以上から、月に20,000ルピーの給与であれば、年間所得額が240,000ルピーとなるため、②のカテゴリーにあたり、9000ルピーの個人所得税が課せられます。

上記予算案はそのまま通る見込みですので、上記が2008年度の個人所得税率となるとお考えいただいて問題ないかと思われます。

投稿: 早川 | 2008年3月27日 (木) 02時46分

ジャグワーの多くは当然革シートだと思いますが、それはインド的には問題ないのでしょうか・・・。

>凸 様

なぜかインドでは牛革製品がとても安く、しかも品数が充実しています。品質も悪くありません。
私自身、何回か革コートや革ジャンをサイズオーダーメードで作っています。

インドで牛革製品が流通している理由は謎ですが(自然死した牛の革?)、インドの革製品市場の充実ぶりを考えると、革シートは全く問題ないと思われます。

投稿: 凸 | 2008年3月27日 (木) 12時45分

このネタ、私も本日使う予定です(笑)。
どちらかというと、英国の人々はジャグワーよりもランドローバーの方に愛着を持っているようですね。英国王室調達品だし。これって、ある意味「下克上」??

>まさこの 様

実は私も個人的にはランドローバーの方がショックです。
一時期乗っていたことがあるので…

インド人にとっては、旧宗主国の伝統ブランドを買い取ったということで、痛快な出来事なのかもしれませんね。

投稿: まさこの | 2008年3月27日 (木) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インド外資規制解説その17 -SSI品目削減- | トップページ | 日本出張総括 »