« 巡り巡ってJDR | トップページ | インド公務員からの賄賂要求 »

インド会社法解説その21 -組織再編(事業譲渡、合併、会社分割)②-

インド会社法原文リンク
http://www.vakilno1.com/bareacts/companiesact/companiesacts.htm

だいぶ間が空いてしまいましたが、会社法解説を再開したいと思います。
今回からは、合併と会社分割についての解説です。

--

インド会社法上、合併(Merger / Amalgamation)または会社分割(Demerger)を行う場合、裁判所に対して申請を行う必要があります。
日本の会社法上は、合併であれ会社分割であれ、基本的に存続会社(承継会社)と消滅会社(分割会社)の合意さえあれば手続きを進めることができますが、インドでは裁判所に対して合併または会社分割申請をする必要がある点、日本と大きく異なります。

具体的には、存続会社(承継会社)の登録住所地を管轄する高等裁判所(High Court)に対して合併または会社分割の承認の申請を行い、許可が出た時点で初めて合併または会社分割を行うことができます。
ただし、会社側が必要な手続きを踏んでおり、かつ当該組織再編がインドの独占禁止法(2008年4月現在、Monopolies and Restrictive Trade Practice Act, 1969。なお、今年中に同法の改正版であるCompetition Act, 2002が施行予定)に違反する等の事情がない限りは、裁判所の「許可」は下りることから、裁判所に申請するといっても、当事者のみの合意で行うのと実質的にはそれほど違いはありません。

なお、2002年の会社法改正により、合併や会社分割の申請先は、裁判所(Court)から内国会社法裁定所(National Company Law Tribunal)に改正されていますが、2008年4月現在に至っても、同改正は未施行であるため、現時点でも申請先は裁判所となります。

--

さて、合併および会社分割についても、その定義は1961年インド所得税法(Income Tax Act, 1961)においてなされています。

具体的には、1961年インド所得税法第2条1B項は、合併(Amalgamation)について、以下のとおり定義しています(ちょっと長めですが、全文引用します)。

(1B)   "Amalgamation", in relation to companies, means the merger of one or more companies with another company or the merger of two or more companies to form one company (the company or companies which so merge being referred to as the amalgamating company or companies and the company with which they merge or which is formed as a result of the merger, as the amalgamated company) in such a manner that - 

(i) all the property of the amalgamating company or companies immediately before the amalgamation becomes the property of the amalgamated company by virtue of the amalgamation;

(ii) All the liabilities of the amalgamating company or companies immediately before the amalgamation become the liabilities of the amalgamated company by virtue of the amalgamation;

(iii) Shareholders holding not less than nine-tenths in value of the shares in the amalgamating company or companies (other than shares already held therein immediately before the amalgamation by, or by a nominee for, the amalgamated company or its subsidiary) become shareholders of the amalgamated company by virtue of the amalgamation,  otherwise than as a result of the acquisition of the property of one company by another company pursuant to the purchase of such property by the other company or as a result of the distribution of such property to the other company after the winding up of the first mentioned company;

上記を要約すると、全ての資産および負債が消滅会社から存続会社に引き継がれ、かつ原則として消滅会社の10分の9を超える株式の株主が存続会社の株主となることが、インド会社法上の合併(Amalgamation)の定義ということになります。

また、会社分割(Demerger)については、同じく1961年インド所得税法第2条第19AA項に定義されています。こちらも長いですが、引用します。

(19AA) "Demerger", in relation to companies, means the transfer, pursuant to a scheme of arrangement under sections 391 to 394 of the Companies Act, 1956 (1 of 1956), by a demerged company of its one or more undertakings to any resulting company in such a manner that -   (i) All the property of the undertaking, being transferred by the demerged company, immediately before the demerger, becomes the property of the resulting company by virtue of the demerger;

(ii) All the liabilities relatable to the undertaking, being transferred by the demerged company, immediately before the demerger, become the liabilities of the resulting company by virtue of the demerger;

(iii) The property and the liabilities of the undertaking or undertakings being transferred by the demerged company are transferred at values appearing in its books of account immediately before the demerger;

(iv) The resulting company issues, in consideration of the demerger, its shares to the shareholders of the demerged company on a proportionate basis;

(v) The shareholders holding not less than three-fourths in value of the shares in the demerged company (other than shares already held therein immediately before the demerger, or by a nominee for, the resulting company or, its subsidiary) become shareholders of the resulting company or companies by virtue of the demerger,  otherwise than as a result of the acquisition of the property or assets of the demerged company or any undertaking thereof by the resulting company;

(vi) The transfer of the undertaking is on a going concern basis;

(vii) The demerger is in accordance with the conditions, if any, notified under sub-section (5) of section 72A by the Central Government in this behalf. 

Explanation 1 : For the purposes of this clause, "undertaking" shall include any part of an undertaking, or a unit or division of an undertaking or a business activity taken as a whole, but does not include individual assets or liabilities or any combination thereof not constituting a business activity.

Explanation 2 : For the purposes of this clause, the liabilities referred to in sub-clause (ii), shall include -  (a) The liabilities which arise out of the activities or operations of the undertaking;

(b) The specific loans or borrowings (including debentures) raised, incurred and utilised solely for the activities or operations of the undertaking; and

(c) In cases, other than those referred to in clause (a) or clause (b), so much of the amounts of general or multipurpose borrowings, if any, of the demerged company as stand in the same proportion which the value of the assets transferred in a demerger bears to the total value of the assets of such demerged company immediately before the demerger.

上記を要約すると、譲渡事業に関する全ての資産および負債が簿価で承継会社に引き継がれ、かつ原則として分割会社の4分の3以上の株式の株主が存続会社の株主となること、承継会社は承継事業の対価として株式を発行すること、事業が存続すること、1961年インド所得税法第72A条第5項(損失の引継ぎ条項)の条件に沿ったものであること等が、会社分割の要件であり、これらを満たすものが会社分割と定義されるということになります。

--

定義は結構重要なので(特に会社分割の方)、ちょっと分量を割いて書いてみました。
その分、今回は内容がスカスカですが、まあリハビリということで。

次回から、合併および会社分割の具体的な手続や効果の解説に入りたいと思います。

|

« 巡り巡ってJDR | トップページ | インド公務員からの賄賂要求 »

インド会社法解説」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見させていただいております。大変勉強になります。

もしよろしければ、事業譲渡に関してご教示願います。

事業譲渡に関して主に課税される税金は以下の2つという認識でよろしいでしょうか。

①個別資産の移転に際して発生する譲渡益に対する課税。3年以上営んでいる事業に関しては22.66%、それ以下の場合33.99%。

②個別不動産の移転に際して発生する印紙税。

宜しくお願いいたします。

>(無名) 様

そのご理解でよいと思います。

個別資産の売却の場合、当該譲渡に対して州VAT、州販売税または中央販売税が課税されるのですが、事業譲渡の形態を採った場合、事業譲渡の内容に含まれる個別資産にはこれらの税金が課されないと解釈されているため、主な課税は上記①、②となります。

ただ、①について、税率の数字は2008年4月現在も正しいかどうかは確認ができていません(変更があるにしても、それほど大きな税率の変更はないと思われますが)。

また、積極的な課税としては、確かに上記①、②が主となりますが、事業譲渡の場合、(1)営業権の償却費が損金参入できない、(2)譲渡元会社から繰越欠損金が引き継げないという点で、税務上不利益となる(正確に言えば、税務上のメリットを受けられない)という点にはご留意ください。

投稿: | 2008年4月 7日 (月) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巡り巡ってJDR | トップページ | インド公務員からの賄賂要求 »