« ガンジス河でバタフライ | トップページ | インド会社法解説その21 -組織再編(事業譲渡、合併、会社分割)②- »

巡り巡ってJDR

以前、タタ自動車によるジャガー、ランドローバー買収の話を書いたわけですが、今度はこういうニュースが。

--

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080402-00000113-reu-bus_all

印タタ自動車、今夏にも東証上場=報道
[東京 2日 ロイター] 2日付日本経済新聞や共同通信などの国内メディア報道によると、インドのタタ自動車<TAMO.BO>が今夏にも東証に上場する見通し。株式とほぼ同じ機能を持つ日本預託証券を上場、解禁後の第1号になるという。
タタ自動車は上場に際し、日本市場で資金調達する公算が大きく、規模は1000億円を超える可能性がある、としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080402-00000042-jij-int

印タタ自動車、今夏にも東証上場へ=日本預託証券の第1号
時事通信
インド有力財閥タタグループ傘下のタタ自動車が今夏にも東京証券取引所に上場する見通しであることが2日、分かった。株式とほぼ同じ機能を持つ日本預託証券(JDR)方式による上場第1号となる。JDRは証券会社を通じて円建てで売り買いできるため、個人投資の拡大にもつながりそうだ。
JDRは円建て証券で、欧米で一般的に使われている預託証券(DR)の日本版。外国企業は自社株を日本の信託銀行に預け、それを裏付けに預託証券を発行、上場する仕組み。
昨秋の改正信託法や金融商品取引法施行により、国の規制で海外に株式を直接上場できないインド、台湾などの企業がJDRを活用して日本市場に上場できるようになった。上場が実現すれば、高成長が見込めるアジアなど外国企業の上場誘致に弾みが付きそうだ。 

--

ああ、それに使うのね。

日本で調達されたお金が、巡り巡ってジャガーとランドローバーの買収(正確には、買収資金の穴埋め資金)に使われる、ということのようです。

結局ジャパンマネーがジャガーとランドローバーの買収に使われるということで、なんだか複雑だなあ…

インド企業による日本版預託証券(JDR)の発行については論文を書いたところでもあり(インド側の預託証券発行規制については、たぶん現時点では日本で一番詳しいんじゃないかと思います)、今後の展開が興味津々です。

|

« ガンジス河でバタフライ | トップページ | インド会社法解説その21 -組織再編(事業譲渡、合併、会社分割)②- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これ、私も見て驚きました。
ジャパンマネーが巡り巡って・・・ということにはなりますが、主体はあくまでTATAですからね。。。
しかし、よく思いついたもんだ。

>まさこの 様

まあでも、TATAに日本を資金調達先として選んでもらえたのはありがたいと思います。
日本の金融市場の凋落っぷりを見ていると、本当に今後のことが心配になってくるので…

それにしても、TATAの攻勢はすごいですね。
TATA自動車って、実はインド国内でのシェアはそんなに高くないはずなのですが(1位はぶっちぎりでマルチスズキですし)、あの勢いはどこから出てくるのでしょうか。

投稿: まさこの | 2008年4月 2日 (水) 22時12分

論文って、どこで閲覧できますか?昨年の商事法務のことでしょうか?

>祐介 様

初めまして、コメントありがとうございます。
論文は商事法務1815号(2007年11月15日号)に掲載されています。

投稿: 祐介 | 2008年4月 3日 (木) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガンジス河でバタフライ | トップページ | インド会社法解説その21 -組織再編(事業譲渡、合併、会社分割)②- »