« インドの単位 | トップページ | だめだ »

熱波

<インド>気温40度突破 熱波で25人死亡
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080423-00000108-mai-int

4月23日20時17分配信 毎日新聞

 【ニューデリー支局】本格的な夏を迎えたインド東部から北部にかけてでは、今週に入り気温がぐんぐん上昇し、早くも40度を突破した。地元テレビは23日、東部オリッサ州で熱波のため25人が死亡したと伝えた。
猛暑のインドでは日中、富裕層の多くが冷房を利かせた室内に閉じこもる。一方で貧しい肉体労働者は屋外での仕事を休めない。熱波による死者の多くが、こうした貧しい労働者だ。
少年が暮らすスラムは、躍進するインド経済を象徴する、首都ニューデリー郊外の新興都市グルガオンにある。小枝は自宅の小屋の屋根をふくために使われる。同じ街に暮らしながら、背景に見える高級マンション群に住む富裕層と、少年の生活が交わることは決してない。

--

デリーも大変ですが、ムンバイも厳しいです。

暑い…

--

インドの格差は今に始まったことではないのですが、それでもこういう記事を見ると、書き手のやりきれなさが伝わってきます。

とはいえ、当のインド人は、格差をそれほど気に病んでいなかったりします。
なぜなら、それが「当たり前」だから。

なんせ3000年前から綿々と格差社会を営んできた国。
格差が「カースト」として社会制度化された国。
年季が違います。
1000年前も、2000年前も、大量の餓死者が出ている横で、マハラジャが食べきれない食事を捨てていたのです。

いい悪いを超えて、それがこの国の当然であるのなら、外国人がとやかく言うことではないのかもしれません。

--

ところで、記事中の「少年」とか「小枝」とかって何なんでしょう。
説明も写真もありませんね。

|

« インドの単位 | トップページ | だめだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/india/
【ニューデリー支局】猛暑のなか、小枝の束を頭に乗せて家路を急ぐ少年。本格的な夏を迎えたインド東部から北部にかけてでは、今週に入り気温がぐんぐん上昇し、早くも40度を突破した。地元テレビは23日、東部オリッサ州で熱波のため25人が死亡したと伝えた。(毎日新聞)
[記事全文]

となっていて、[記事全文]をクリックするとkottyさんが↑で引用されている記事が出て来ました。分かり難いですね。
記者も熱波で疲れきっているのかも知れません。
kottyさんもお大事に…。

>フジ 様

なるほど、そういうことですか。
疑問は氷解しましたが…結構お暇なんでしょうか。

ムンバイも今、半端なく暑いです。
エアコンなしの毎日が、壮大な罰ゲームを受けている気分です。

投稿: フジ | 2008年4月25日 (金) 11時41分

ムンバイの場合は、熱波でやられるよりも雨季の洪水で流される人の方が多い気がします。いずれにせよ、ホームレスがほとんどですが。。。
格差が「制度化」されているからこそ、インドでは暴動が起きないんでしょうね。下の方の不満をそらす、いいシステムを考えついたものだ・・・。

>まさこの 様

「雨季の洪水で人が流されていく」
「ムンバイの路上が一番きれいなのは、洪水後」
という話は聞きました(実際に見たことはありませんが)。

漫画みたいで笑ってしまったのですが、よくよく考えると流される側は命がけなので、笑っていいことではないのかもしれません。

カースト制度は、支配する側にとってはこれ以上都合のいいシステムはないでしょうね。
今、インド政府が一生懸命アファーマティブアクションをしていますが、ここまで国民生活に根付いてしまったものを、人為的に解消するのはものすごく難しいような気がします。

投稿: まさこの | 2008年4月25日 (金) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドの単位 | トップページ | だめだ »