« プレスノート2008年7号 | トップページ | TATAのNano »

プレスノート2008年7号和訳

ロースクールの講義の予習が、想像していた斜め上の大変さで、なかなかブログが更新できません。

日常ネタは比較的短時間で書けるということもあり、これまで忙しい時は日常ネタを更新していたのですが、インドから離れてしまったということもあり、日常ネタも書きにくく、現状更新そのものが滞ってしまっています。
とりあえず、生活ペースに慣れるまでは、更新頻度はあまり気にせずに、ある程度時間をかけて調査した有用な情報を中心にアップするようにしたいと思います。

--

さて、表題の件。

先日お伝えしたとおり、2008年6月16日付で、インド政府商工省(Ministry of Commerce and Industry(MCI))の産業政策促進局(Department of Industrial Policy and Promotion(DIPP))の産業支援事務課(Secretariat for Industrial Assistance (SIA))から、 プレスノート2008年7号が発行されています。

http://siadipp.nic.in/policy/changes/pn7_2008.pdf

今後、2008年7号は、2006年4号に代わってインドの外資規制を概観する上での基本となるプレスノートになると考えられることから、その重要性に鑑み、以下のとおり別紙につき和訳を作成しました。

「japanese_translation_press_note_2008_no7.pdf」をダウンロード

なお、和訳にあたっては細心の注意を払っていますが、あくまでも私的な和訳であるため、何かのご参考にされる際は必ず原文もご参照ください。
和訳のみに依拠した結果、問題や損害が生じたとしても、責任は負いかねますのであらかじめご了承ください。

和訳の無断転載はご遠慮ください。
転載する場合、メールにてご一報いただけますようお願いいたします。

|

« プレスノート2008年7号 | トップページ | TATAのNano »

インド外資規制解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448933/23168069

この記事へのトラックバック一覧です: プレスノート2008年7号和訳:

« プレスノート2008年7号 | トップページ | TATAのNano »