« インド会社法解説 -インド会社法調査報告書- | トップページ | 2008年版外国直接投資に関するMaster Circular »

OKY

「OKY」

インドの日本人駐在員の合言葉。
インド人と日本本社との間で板挟みになって仕事をしなければならない日本人駐在員の心の叫び。

最近日本で流行った(もう廃れた?)「KY」と似ているけど違う。

日本の本社から来るタイトな要求と、現地のインド人(スタッフ、取引相手その他すべてのインド人)のルーズな対応のギャップに心をすり減らしている全ての日本人駐在員に捧ぐ。

疲れ果てたときは、日本からのメールを見た後に、日本からの電話を切った後に、そっと呟き、そして叫んでください。

え、何の略かって?

お前、

来て、

やってみろ

に決まってるじゃないですか。

--

この言葉、ある日本人駐在員の方から教えていただいたのですが、とても気に入り、私もよく心の中で叫んでいました。
私の周囲では割と広まっていたとかいないとか。

もちろん一般に浸透している言葉ではありません、念のため。

|

« インド会社法解説 -インド会社法調査報告書- | トップページ | 2008年版外国直接投資に関するMaster Circular »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

confident
OKYですね。先生やら、私やら中間管理職一歩手前の人間の心の叫びをよく表してますよね。

>大関様

本当に、インドで仕事していたときは、日本からの「日本的にはリーズナブルな要求」と、「インド人的には難しい対応(例:納期までにちゃんと仕事を上げるなど)」を両立させるのが大変でした。

日本からはせかされるし、インド人弁護士からはうるさい奴と思われるしで、ものすごくストレスがたまりましたねー。
一度インドに来てインド人と仕事をすれば、現場がどれだけ大変かはすぐにわかるんですが。

投稿: 大関 | 2008年8月 4日 (月) 00時37分

OKY !
は本当によく使ってます。

本社の要求にキレまくるとこれがTKY(てめぇ、来て やってみろよ!!)

もう一つ、「まあインドだからしょうがない」(キレる前にあきらめてしまう言葉)

TII
This is India !!!

>smile 様

OKY、TKYは本当にインドだと毎日叫びかねない言葉ですね。
インド人のルーズさ、適当さが、日本人の想定の遥か斜め上を行っているので、日本側で状況が理解できないのもしょうがないんですが。
TIIで、日本側が全部納得してくれたらものすごく楽になるんでしょうね。

仕事さえ一緒にしなければ、インド人も悪い人たちではないんですけどねえ…

投稿: smile | 2008年8月 4日 (月) 16時34分

日本人弁護士からもうるさい奴と思われていたじゃないですか。
メールサーチとか…。

>腐痔 様

まあ、あれはあれでアレンジする側も相当大変だったので…
むしろ、どっちの役割が泥仕事かと言われたら、アレンジする側だと思うんだけど。

投稿: 腐痔 | 2008年8月 6日 (水) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448933/22703045

この記事へのトラックバック一覧です: OKY:

« インド会社法解説 -インド会社法調査報告書- | トップページ | 2008年版外国直接投資に関するMaster Circular »