« FRBによるゼロ金利政策および量的緩和の採用可能性 | トップページ | お知らせ »

ムンバイでの同時テロ

絶句。

一般市民、外国人観光客を対象とした卑劣きわまりないテロに怒りを覚える。

幸いにして、直接の知り合いの方々は、日本人、インド人を問わず皆無事だった。

それでも、現時点で確認できているだけで、87人が死亡、200人以上が負傷している。
日本人の方も、1名が死亡、1名が負傷されている。

つい先日まで日常的に食事や買物をしていたホテルが爆発、炎上している。

「自分がそこにいてもおかしくなかった」

今、テレビを通じて現場の光景を見ているのは、偶然にすぎない。

--

お亡くなりになった方のご冥福を、心からお祈りいたします。

|

« FRBによるゼロ金利政策および量的緩和の採用可能性 | トップページ | お知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448933/25691156

この記事へのトラックバック一覧です: ムンバイでの同時テロ:

« FRBによるゼロ金利政策および量的緩和の採用可能性 | トップページ | お知らせ »