« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

アメリカ横断の旅

「Amtrak(アメリカのJR的存在)のcoach席(新幹線でいう普通席。ただし、スペースの広さや座り心地等は、グリーン車なみ)なら、早い物勝ちで好きな席に座れるよ」

ということで、出発日である8月11日に、NYCのAmtrakの発着駅である、Penn Stationに向かいました。
良い席をゲットするため、発車時刻の2時間前に駅に到着という、隙のない攻め

この旅のために、American Rail Pass(どの区間でも乗り放題になるパス。購入したのは、15日間で8回までであれば乗り放題のパス)を、あらかじめAmtrakのウェブサイトで購入。こちらも隙なし

チケット窓口に向かい、パスを発券してもらいます。

さっそうと身を翻して、発着場に向かう背中に、係員が一言。

「君、予約してるの?パスだけだと電車には乗れないよ」

振り返って、にっこりと笑って答える。

「Coachだから予約してませんよ」

「は、何言ってんの?Amtrakは、もう7年前から完全予約制だよ」

「いや、僕が乗るのは寝台じゃなくてcoachだから。coachは自由席なんでしょ?」

「まあ、確かに席は自由に選べるけど、『coachに乗ることの予約』は必要だよ。乗客のキャパシティをコントロールしなきゃいけないから」

なんですってーーΣ(゚д゚;)

どうやら、冒頭の友人の言葉は、「coach席なら予約不要」という意味ではなく、「coach席を予約しておけば、好きなcoach席に座れる」という意味だったようです。

あわてて係員に、乗る予定だったNY-Chicago間の電車の空き状況を調べてもらいました。
うん、予想はついてましたが、当然のごとく全席満席。あまりのお約束っぷりに、全身から力が抜けます。
ちなみに、NY-Chicago間は、翌日、翌々日も満席とのこと。

追加料金覚悟で寝台席も検索してもらったのですが、やはり空きなし。どうしようもないので、とりあえず発券してもらったパスを払い戻しました
隙なしどころか、ガードがら空きでしたね、はは…

--

その後、昨晩泊めてもらった友人(Columbia同級生)宅に電話し、もう1泊を懇願。
友人も、今朝、「1年間ありがとう。また日本で会おう」と、がっちり握手をして別れた相手が1時間後に出戻ってくるとは思わなかったでしょう

Chicagoのホテルは既に予約済みであったため、なんとかこの予約を変えない方向で、旅のプランを再検討します。

今回最も乗りたいのは、ChicagoからSan Francisco(正確には、その手前のEmeryvilleという街)までを約50時間かけて結ぶCalifornia Zephyrという電車です。California Zephyrは、ロッキー山脈を越えていく景色の壮観さから、全米で一番人気の路線だそうです。
もともと乗りたかったのは、このCalifornia Zephyrであり、NYCからChicagoまでは、「せっかく乗り放題のパスを買うんだから」という程度の軽い感じではありました。
できればChicagoまでも電車で行ってみたかったものの、座席が3日後まで取れないというのでは、ちょっとどうしようもありません。

ということで、急遽Amtrakのウェブサイトで、California Zephyrの座席だけをなんとか押さえ、Chicagoまでは飛行機で飛ぶことにしました。

「アメリカ横断鉄道の旅」の夢、やぶれたり。

--

ということで、色々ありましたが、今回の旅程の紹介です。

8月12日
NYCからChicagoまで飛行機で移動。Chicagoで1泊。

8月13日
午後2時Chicago発のCalifornia Zephyrに乗り、ChicagoからDenverに移動。Denverで途中下車。Denverには14日午前9時過ぎに到着(午前7時15分に到着予定が、2時間近く遅れた)。
乗車時間は約20時間。同じ乗り物にこれだけ長く乗り続けたのは初めてです
アメリカは広い…

8月14日←今ココ
Denverに1日滞在(この記事は、Denverのホテルから書いています)。
Denverに来たのは初めてですが、Colorado州の州都ということもあり、かなり大きい街です。とはいえ、ChicagoやNYCほどの都会っぽさはなく、個人的には割と好きな街です。
もう1回来たい、と思わせるような魅力がある街です。

8月15日
午前8時5分Denver発のCalifornia Zephyrに乗って、今後はSalt Lake Cityまで向かいます。到着予定時刻は、15日午後11時(乗車時間14時間55分)。
ということで、この日は丸一日電車の中で過ごすことになります。
ちなみに、この区間は、ロッキー山脈越えの区間で、車窓からの景色が素晴らしいそうです。全米どころか、全世界の鉄っちゃん達の垂涎の区間です。

8月16日~18日
15日夜にSalt Lake Cityで1泊後、朝からYellowstone National Parkの観光ツアー(3泊4日)に参加します。
Salt Lake Cityは19日に出発するのですが、上記観光ツアーは、16日朝に出て19日の夕方に帰ってくる日程のため、結局Salt Lake Cityそのものにはほとんど滞在せず、もっぱらYellowstone観光に費やす感じになりそうです。
ちなみに、Salt Lake CityからYellowstoneまではバスで7時間だそうです。さすがアメリカ。

8月19日
19日夕方にSalt Lake Cityに戻ってきた後、午後11時半発のCalifornia Zephyrに乗り、San Franciscoに向かいます。
Amtrakは、San Franciscoまでは通っていないため、San Franciscoに近いEmeryvilleという街で降りて、そこからはバスでSan Franciscoに行くことになるそうです。
Emeryvilleには20日午後5時10分に到着予定。乗車時間は18時間40分。ひ~。
EmeryvilleからSan Franciscoまでは、バスで1時間10分だそうで、San Franciscoにつくのは、20日午後6時35分の予定です。

8月20日~22日
20日、21日とSan Franciscoに滞在した後、最終目的地であるLos Angelesに向かいます。
22日の朝6時40分に、バスに乗ってEmeryvilleに戻り、そこから、午前7時40分発のAmtrakに乗って、Bakersfieldというところまで行きます。
Los AngelesもSan Franciscoと同じく、Amtrakが直接は通っていないため、最寄り駅であるBakersfieldに行って、そこからバスに乗ります。
Bakersfieldに着くのは、午後1時41分の予定で(乗車時間約7時間)、そこからバスでLos Angelesに向かい、Los Angelesに着くのは22日午後4時10分の予定です。

--

なんだか、書いていて少しブルーになってきました。
自分で望んだ旅とは言え、アメリカは広い、広すぎる…。

とはいえ、これくらいやって初めてアメリカの広大さと多様さを実感できるのではないかという思いもあり、まあ今しかできないだろうということで、とりあえずは旅を楽しもうと思います。

旅日記については、おいおいアップしようと思いますが、旅行中はパソコンにアクセスできる時間が限られていることもあり、ダイジェスト版のようになると思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Leaving New York City

NYBarの本試験が7月末に終わった後、引っ越しその他の帰国準備で少しバタバタしていましたが、今日からブログを再開したいと思います(本格的な再開は、もう少し先になると思いますが)。

明日、今の家を出て、日本への帰国の途につきます。
せっかくアメリカにいるということもあり、単にJFK空港から帰国するのではなく、2週間ほどかけてアメリカを鉄道で横断して、ロスあたりから帰国しようかと思っています。
途中下車たっぷりの、楽しい旅になりそうです。

--

思えば1年余前、初めてNYCに来たときは、インドとのあまりの落差(昇差、というべきか)に感激したものでした。
それから1年たって、ますますこの街が好きになっている自分がいます。

個性と多様性を許容する街。
最先端の流行と、アメリカの伝統が同居する街。
素敵な学校と、仲間を与えてくれた街。

もうしばらくこの街で暮らしたいという思いは消えませんが、インドからの寄り道も1年が過ぎ、そろそろ日本で自分が学んできたことをフィードバックしたいという思いも強くあります。

「寄り道」と言いましたが、英米法の基礎を知らずにインドに行った自分にとって、アメリカで英米法の基礎を体系に学べたことは、インド法を理解する上でもきわめて有益でした。
インド独自の制度かと思っていたものが、実は英米法の原理がきわめてピュアな形で残っていたものであったことに気付いたことも数多く、この寄り道がなければ、きっとここまでインド法への理解は深まらなかったと思います。
アメリカ法についてはもちろん、インド法を知る上でも、本当に意味のある1年間でした。

勉強面でも生活面でも、こんなに意義深く素敵な人生の寄り道は、そうそうあるものではないでしょう。

ということで、ひとまず Thank You, and Good Bye NYC!

またいつか長期で来ることができればいいなあ。

--

日本には一応8月末に帰国する予定です。
9月中は、以前から計画していたインド法の解説本の執筆にあてるつもりなので、業務復帰は10月くらいになりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »