« インドにおける基本税務番号(PAN)取得について(その1) | トップページ | 一問一答 »

インドの正式名称

インドの国家としての正式名称は、インド憲法(Constitutions of India)の前文(Preamble)に規定されています。
(インド憲法は、下記インド政府のウェブサイトで閲覧することができます)
http://india.gov.in/govt/documents/english/coi_part_full.pdf

その名も、「Sovereign Socialist Secular Democratic Republic(主権社会主義世俗的民主共和国)」。

長すぎる、と思われるかもしれませんが、この名称にはちゃんと意味があります。

--

上記英語のうち、「Sovereign」は、「主権」を意味します。
きわめて長期間にわたって、イギリスの植民地(あるいは領土)であったインドでは、国家に主権がありませんでした。
そのため、イギリスからの独立を果たした際に、「インドの国家主権はインド自身にある」という意思をこめて、「Sovereign」という文言を正式名称の一部に使用したのではないでしょうか。

次に、「Socialist」は、「社会主義者」を意味します。
「インドは社会主義」というのは、割と有名なことではありますが、インドはその憲法において、自国を社会主義者達の国(=社会主義国家)と定義しているのです。
とはいえ、他の多くの社会主義(だった)国家のように、共産党一党独裁体制がとられているわけではなく、民主主義がしっかりと機能しています(後述のとおり、機能しすぎて弊害が出ているくらいです)。

ちなみに、上記「Sovereign Socialist Secular Democratic Republic(主権社会主義世俗的民主共和国)」という名称は、1976年のインド憲法改正により新たに規定された名称であり、それまでは、「Sovereign Democratic Republic」というのが、インドの正式名称でした
「Socialist」と「Secular」が、憲法改正により新たに加わった文言ということになります。
つまり、インドは1976年までは、自国を社会主義国家とは定義していなかったわけですね。

さらに、「Secular」は、「世俗主義」、「宗教的中立」を意味します。
日本の憲法でも、政教分離は重要な原則の1つですが、ヒンドゥー教、イスラム教、ゾロアスター教、ジャイナ教、仏教等の多数の宗教が混在するインドでは、この「国家が特定の宗教に肩入れしない」という「世俗主義」は、きわめて重要な国家統合の要素となります。
このあたり、「イスラム教による国家運営」を国是としている中東諸国とは、かなり異なります。

1976年に、この「Secular」が、正式名称に付け加えられた背景には、インド国内での宗教紛争、対立などもあったのかもしれません。この辺り、調べてみると面白いかもしれませんね(まあ、誰かがとっくに調べて本でも書いているでしょうが)。

「Democratic」は、言うまでもなく「民主主義」です。
インドは、社会主義を標榜している国の中では奇跡的に、一般的な意味での普通選挙が実施されています。
多くの社会主義国家が、事実上共産党による一党独裁体制をとっている(いた)ことを考えると、社会主義を標榜しながら、しかも10億以上の人口を抱えて、普通選挙による民主主義が実現されていることは、本当にすごいと思います。

ちなみに、インドでは、民主主義の成熟に伴う弊害も出ており、選挙前になると、根拠の薄い減税政策などのバラマキ政策が取られるそうです
こういう「選挙前の票目的のバラマキ」は、民主主義が相当に成熟していないと生じない現象なので、この点からもインドにおける民主主義の根付き方がわかります。

「Republic」は、「共和国」ですね。
「Republic」とは、名目的にも実質的にも君主(monarch)が存在しない国を言います。たとえば、イギリスや日本は、名目的には君主が存在するため(イギリスは実質的にも、かもしれませんが)、republicではありません。

「Republic」という文言には、「インドは君主を持たない」という宣言が込められているわけです。
インドは、1947年に独立するまで、イギリス領インドとして、イギリス国王を君主として戴いていました。その意味で、君主制の否定は、イギリスからの独立と同義と言ってもいいでしょう。

上で述べたとおり、独立当初のインドの正式名称は、「Sovereign Democratic Republic」でした。
ここまで読んでいただいた方には、この名称に込められた、独立当時のインド憲法の起草者の思いが、なんとなく伝わったのではないかと思います。

--

以上、特に何の役にも立たないトリビアでした

|

« インドにおける基本税務番号(PAN)取得について(その1) | トップページ | 一問一答 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448933/34804295

この記事へのトラックバック一覧です: インドの正式名称:

« インドにおける基本税務番号(PAN)取得について(その1) | トップページ | 一問一答 »